企業団の概要
 昭和40年代、石狩東部地域の急速な人口増加に伴い水需要が増大したため、各市町単独での対応が困難となりました。このため石狩東部広域水道企業団は、水道用水の供給を目的とした特別地方公共団体である一部事務組合として、構成団体(北海道、江別市、千歳市、恵庭市及び北広島市)により昭和49年3月に設立されました。創設事業(漁川系)として水道水利権を漁川ダムに確保し、昭和49年度工事に着手、昭和58年度に完了し、昭和59年度から構成団体(北海道を除く)に水道用水の供給を開始しました。
 創設事業完了後も水需要は増加し、漁川ダムからの水量だけでは対応ができないため、由仁町及び長幌上水場企業団が新たに構成団体に加わり、夕張シューパロダムに水源を求めた拡張事業(千歳川系)に平成8年度から着手しました。その後、社会経済情勢等の変化を踏まえた平成16年度の事業再評価に基づき計画最大水量を当初の約3分の1に変更するなどの事業見直しを経て、平成26年度に完了しました。
 拡張事業は平成27年度から供給を開始し、創設事業と併せた2系統で現在4市1町1企業団に水道用水を供給しています。
構成団体・給水対象
戻る

 石狩東部広域水道企業団(総務課)
〒061-1422 北海道恵庭市盤尻264番地の1
TEL (0123)33-2191・FAX (0123)33-2192
e-mail:info@ishito.jp